• お問い合わせ
  • TOP
  • 泥棒が狙いたいと思わない家

    こんにちは、アドバイザーの松尾です。

     

    今回は防犯のお話ししますね(笑)

    「昔の家は玄関の鍵なんてかけなかった」

     

    近所にどんな人が住んでいるのかをしっかり把握していた時代は、

    そんな状態が当たり前だったとたびたび耳にすることがあります。

     

    では、現在の「家づくり」において

    必要な防犯とは、一体どのようなものでしょうか?

     

     

    必要な防犯とは?

     

    時代の経過と共に

    地域のコミュニティが希薄になってしまった現在では、

    昔ながらの

    人の目による防犯は難しいのではないでしょうか?

     

    それゆえ、毎日を安心して過ごしていくようにするためにも、

    昔に比べて、防犯対策を自分自身で万全にしておくことが、

    「家づくり」では欠かせない要素となります。

     

    よくある一軒家を思い浮かべてみてください…

     

    その家は、1階の日当たりが良い場所に大きな窓がありますね。

     

    そこは、間違いなくリビングです。

     

    裏に回って目線の高さに窓があれば、そこはキッチンです。

     

    さらに、キッチンから近い場所にある小さな窓は、

    トイレや洗面そしてお風呂に通じているでしょう。

     

    丁寧に格子まで付けてくれていれば100%確定です。

     

    2階はベランダに面していくつか窓があり、

    そのうちのどれかが主寝室で、あとは子供部屋ですね。

     

    そして、部屋とは高さがそろわない窓があれば、

    そこが間違いなく階段というわけです。

     

    いくら、敷地がブロック塀やフェンスに囲まれているとはいえ、

    外から窓を見ただけで、簡単にある程度間取りが

    分かってしまうものです💦

     

     

    これは、本当に安心して暮らしていくことが出来る

    家なのでしょうか?

     

    意外と思い付かない防犯対策

     

    では、一体どのような防犯対策が考えられるでしょうか?

     

    まずは、施錠ですね。

     

    施錠忘れによる家屋の浸入窃盗被害は

    とても多いそうです。

     

    そして、窓を割ってからの侵入です💦

     

    他の防犯には…

     

     

    このように、いくつかのアイデアは出てきます。

     

    しかし、1つだけ意外と思い浮かばないアイデアがあります。

     

    それは、そもそも“家の形を見直す”ということです🏡

     

     

    家に浸入する場合…

    まずは捕まらないように、死角の多い家であることが重要のようです。

     

    つまり、侵入しやすい家と浸入しにくい家があるわけですね。

     

     

    例えば、リビングの窓を小さくすることも一つです。

     

    そうすれば、家の間取りが想像できにくくなり

    防犯につながります。

     

    もちろん、その分窓がなくなるというわけではなく、

    別の形で窓をつくることによって、

    光や風の通り道はしっかりと確保しています。

     

    大きな窓を外壁から無くしてしまえば

    敷地のブロックや植栽などによって、

    外からの視線を遮断する必要もなくなります。

     

    また、外壁がそのまま塀の役割までも同時に果たしてくれるため、

    外構コストを大幅にカットしてくれますね。

     

    「家づくり」において

    防犯がしっかりしているかもとても重要なポイントです。

     

    土地や周りの環境に合わせた

    「家づくり」が必要ですね🏡

     

    気になる方は、お気軽にご相談ください😊