• お問い合わせ
  • TOP
  • 費用・土地・間取りに関する知識 ①

    こんにちは、広報の松尾です😊

     

    来週末に上棟が近くなって来ました!

     

    「家づくり」をスタートさせたい方

    将来的に家を持ちたいとお考えの方

    是非、お気軽にご参加くださいm(__)m

     

    さて、家を建てるにも

    正直何から始めればいいのか分からないという方も

    多くいらっしゃると思います。

     

    家を建てるには、予算、土地、家(間取りを含め)

    家を持つことに関わる各種費用など

    様々な側面から考える必要があります。

     

    そこで今日から

    それらの4つのポイントを取り上げてみたいと思います(o^―^o)

     

     

    1.予算その他の資金面

     

    家を建てるには、一番の障壁ともなりうる「予算」の問題。

     

    「自分たちにはどれだけの借り入れができるのだろうか」

     

    ということがある程度分かっていれば、

    長期的な視野で家を建てることを

    考えている場合でも有利です😊

     

    目安として、

    ・年収350万円の場合、返済率上限は30% 約2000万円

    ・年収500万円の場合、返済率上限は35% 約3500万円

    のようになります。

     

    返済率とは、年収に対する年か何返済額の割合を指します。

     

    返済年は通常35年。

     

    もちろん頭金を用意できていれば

    その分月々の返済が軽くなったり、

    借入期間を短くすることで

    支払う金利総額分を抑えることができる

    などのメリットがあります。

     

    頭金は準備するに越したことはありません。

     

    一方で、今後の借り入れに支障をきたす状況を

    作り出していないかを把握しておく必要があります。

     

    通信料金支払い滞納から

    いわゆる「ブラックリスト入り」し、

    ローンが組めない人が出てきています。

     

    通話料と一緒に、スマートフォンの

    購入代金を分割支払いにしていませんか?

     

    携帯電話使用料金とその購入代金を

    同時に毎月支払っている方は注意してください💦

     

    引き落としができない=

    スマホ本体の分割払いに対して支払いができなかった

    として、信用情報に傷が付いてしまうのです。

     

    小さな買い物だからと思っても

    しっかりと忘れずに支払いはしましょう💰

     

    家を建てるには、

    それまでのお金の管理状況が大切になるんですね😊