• お問い合わせ
  • TOP
  • 天井にも種類があるんです🔆

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    家の形には様々なものがありますが

    家の天井にもいくつかの種類があるんです😊

     

    普段の生活の中で天井を意識することは

    殆どありませんが

    天井を変えると、ぐっと雰囲気も変わってきます🏡

     

    今日は、その天井の種類についてご紹介いたします(o^―^o)

     

    :平天井

    (唐津市S様:ロッキー)

    その名の通り、天井面が平らになっている天井です。

     

    和室・洋室に関わらず

    最も一般的な天井です。

     

    :勾配天井

    (唐津市N様邸:チャオ)

    勾配のついている天井のことで、平天井と比べて

    空間の雰囲気が大きく異なってきます。

     

    視線が奥だけでなく、縦にも抜けるので

    部屋がより広く感じます🏡

     

    勾配天井は、屋根の傾斜を利用しているので

    2階建ての家であれば2階、

    3階建ての家であれば3階の天井に

    勾配をつけることができます。

     

    「リビングを勾配天井にしたい!」

     

    という場合は、平屋を考えてみると良いですね😊

     

    :掛込み天井

    (唐津市S様邸:ロッキー

    一部が低く平らに、他が斜めになっている天井をいいます。

     

    茶室などで使われていましたものです。

     

    「リビングの天井は高くしたいけど

    キッチンは低い天井がいい」

     

    という場合にお勧めです。

     

     

     

    :舟底天井

     

    天井の中央が高く、緩やかに傾斜した天井です。

     

    舟の底を逆さまにした形(逆V字)に見えるため

    このような名前が付けられています。

     

     

    古民家などで見たことがある

    という方もいらっしゃるかもしれません。

     

    主に和風な家で見られますね👀

     

    こちらも天井まで高さがあるため

    空間を広々と見せてくれます。

     

     

     

    天井にもいろいろな形のものがありますが

    それぞれに特徴があります。

     

    ご希望の部屋のイメージに合ったものを

    選びたいですね🏡✨