• お問い合わせ
  • TOP
  • 「家づくり」の道のり ~地盤調査~

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    「家を建てるぞ!」

     

    と「家づくり」がスタートし、着工してから…

     

    どんな工事が行われているかご存じでしょうか?

     

    今日からは、数回に分けて「家づくり」の現場が

    どうやって進んでいくのかご紹介していきたいと思います(o^―^o)

     

     

    木造軸組工法の場合、工事に着工するまでに

    敷地調査や建物のプランニングを行ってから、

    住宅の建築が始まります。

     

    1.地盤調査と地盤改良・地盤補強工事

    2.地縄張り・遣り方

    3.地業工事

    (掘り方・割栗石・砕石・転圧・防湿シート・捨てコンクリート)

    4.基礎工事①

    (基礎配筋)

    5.基礎工事②

    (基礎の底盤部分のコンクリート打設)

    6.基礎工事③

    (基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設)

    7.木工事

    (土台敷き)

    8.構造躯体

    (建て方:柱、小屋組など、上棟まで)

    9.屋根工事

    (野地板・ルーフィング・屋根仕上げ材)

    10.外壁工事①

    (防水工事:透湿防水シート)

    11.外壁工事②

    (外壁仕上げ)

    12.断熱工事

    13.ベランダ防水工事

     

     

    地盤調査って、どんなことをしているの?

     

    木造住宅でよく使われる方法に

    「スウェーデン式サウンディング調査」があります🏡

     

    先端がキリ状の器具に荷重をかけ、25cm下がるまでに

    ハンドルを何回転させたかによって、地盤の強さを表します。

    その値を、N値と呼びます。

     

    深度10mまで測定することができます。

     

    費用は比較的安価で、1か所を調査する場合2万円前後です。

     

    通常は5か所を調査するので、5万円から10万円ほどです。

     

    次に、ボーリング調査は最も基本的な地盤調査方法です。

     

    正確な地盤調査ができる反面、かなり費用がかかるため、

    中規模以上の建物を建てる場合はこの方法を使いますが、

    一般の木造住宅ではほとんど使われません。

     

    高台の場合は30万円前後、

    低地の場合は80万円ほどになることもあるそうです。

     

    調査方法は、先端にサンプラーを取り付けたロッドの上に

    63.5kgの重りを76cm自然落下させて打撃します。

     

    サンプラーを地面に30cmめり込ませるのに要する打撃数をN値といい

    それによって地耐力がわかります。

     

    同時にサンプラーで土を採取し、

    砂質土なのか、粘性土なのかを調べることができます。

     

    そして、表面波探査法です。

     

    表面探査法は、地表から地中に向けて振動波を発信し、

    地盤の硬さを調べる方法です。

     

    硬い地盤ほど新藤派が速く伝達する性質を活用し、

    振動波の反射時間によって、地盤が硬いか柔らかいかがわかります。

     

     

    地盤調査の結果によっては改良の必要もある。

     

    建築を依頼する会社が決まると、まずは地盤調査を行います。

     

    地盤は建物を支える土台なので、どんな状態であるかの確認は

    必要不可欠になってきます💦

     

    軟弱地盤がある場合は、地盤の改良工事を行います。

     

    地盤改良には良好な地盤までの深さによって、

     

    表層改良工法(軟弱地盤が2mくらいまでの場合)

    柱状改良工法(軟弱地盤が2m以上8mまで)

    鋼管杭工法(軟弱地盤が2m以上で深度30mくらいまで施工可能)

     

    3種類があり、軟弱地盤が浅いほど費用は安くつきます。

     

    土地は、状態によっては地盤改良工事に

    多額の費用がかかることがあります💦

     

    メリット、デメリットを知ったうえで購入するか、

    事前によく調べることをお勧めします。