• お問い合わせ
  • TOP
  • 「家づくり」の道のり ~土台工事~

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    コロナウィルスの感染拡大の影響が

    様々な場所で出ていますね。

     

    買い物にも気を遣うような毎日ですが

    皆様も、十分お気を付けくださいm(__)m

     

    さて今日は、土台工事編です(o^―^o)

     

     

    土台工事

     

    基礎工事が完成すると、次は土台敷きです。

     

    借り暮らしのアリエッティというジブリの映画、

    ご覧になったことはありますか?

     

    実はあの映画には、アリエッティが

    基礎の換気口から出入りしているシーンがあります📹

     

    あれは、床下と外部の換気を目的としています。

     

    現在は、換気口から進化して、

    土台の下に基礎パッキンというものを敷いていきます。

     

    基礎パッキンは、空気が通る構造になっていています🏡

     

    コンクリートと木材の間に見える

    黒いものがパッキンです!

     

    次に、土台や大引が搬入されてきます。

     

    プレカット工場で予め加工された材料ですが、

    現場でただ組み立てるだけでよいというわけではありません。

     

    材料に記載された記号を参考に、

    プレカット図を見て材料との照合をします。

     

    そこから、基礎に墨を打って木材を設置位置へおいていき

    間違いがないか図面と照合した後、

    アンカーボルトを締めます。

     

    上の写真に木材の下には、

    鉄製の棒状のものが見えると思います👀

     

    木材の下には床束を設置して、

    大引きを下から支えます。

     

    床束は鋼製のものが多く、

    束と束の感覚は910mmとします。

     

    最後は雨が降っても大丈夫なように

    しっかりと養生をして

    次はいよいよ棟上げです!