• お問い合わせ
  • TOP
  • 「家づくり」の道のり  ~断熱工事・ベランダ防水工事~

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    今日は「断熱・ベランダ防水工事」編です(o^―^o)

    (唐津市M様邸:断熱工事)

    断熱工事の流れ

    断熱材にも様々なものがありますが

    ライフハウスでは、アイシネン断熱が選ばれています。

     

    建物には建築上避けられない空間

    (配線・配管のまわりなど)ができます💦

     

    それらの小さな隙間にも断熱材を入れないと、

    その断熱材が持つ本来の性能を100%発揮することはできません。

     

    吹きつけ後、100倍に発砲するアイシネンフォームは、

    柔軟で、高気密・高断熱の初期性能を将来にわたって維持し続ける、

    画期的な気密断熱システムです。

     

    この工法によって、小さな隙間や

    手の届かない空間も埋めることが出来ます。

     

    (株式会社 アイシネン アジア・パシフィック )

    https://www.icynene.com/

     

     

    バルコニー・ベランダの防水工事の流れ

     

    最後に、バルコニーの工事についてです🏡

     

    漏水が問題となることが多いですが、

    その原因の一つとしてバルコニーの防水工事があげられます。

     

    床面には下地材として構造用合板を施工しますが、

    防水層を補強するため、

    この構造用合板は二重張りにしたほうが良いそうです。

     

    床は雨水が排水溝のほうへ流れるように

    勾配をつけなければいけませんが、

    その勾配は1/100以上です。

     

    この勾配は、バルコニーの床面に

    雨水がたまらないようにするために大事なものです。

     

    床面から壁面の立ち上がりまで防水層を施工しますが、

    最近のバルコニーの防水の多くは、FRP防水です😊