• お問い合わせ
  • TOP
  • 住宅ローンの現実

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    コロナウィルス感染拡大、それに伴う「自粛」についての

    ニュースを見ないときはない毎日ですね。

     

    ライフハウスでも、

    しっかりと情報を集めながら予防に努めてまいります。

     

    さて、「家づくり」をしていく上で、

    一番思慮深く考えなければいけないコトが“お金”のことです。

     

    家を建てるにあたって最初にかかってくる様々な費用…

    30年、35年という長期に渡って支払い続ける住宅ローン…

    土地・建物を持つことによって必要となる固定資産税…

    一生涯払い続けていく電気代…

    家を長期に渡って維持していくためのメンテナンス費用…

    将来必要になってくるであろうリフォーム費用…

     

    少し考えただけでも、家を持つことによって

    こういった費用がかかってくるわけです🏡

     

    これらを支払いながら

    生涯豊かに暮らし続けていっていただくためにも、

    可能な限りこれらの費用を総合的に抑えられるような

    「家づくり」をする必要があります。

     

    また、不足するであろう年金をまかなうためにも、

    老後資金をコツコツと準備していきたいですね。

     

    家を建てることによって、大切なこれからの暮らしが

    犠牲になるようなことにならないように、

    自分たちにとって無理のない予算で、

    「家づくり」をしなければいけないということです。

     

    たとえ、一生に一回しか出来ない、

    夢と希望に満ちあふれた買い物であったとしてもです💦

     

    そこで今回は、資金計画に向けて

    気を付けておきたいポイントをご紹介いたします(o^―^o)

     

     

    住宅ローンに対する認識を厳しく持つ

     

    家を建てるとなると、

    ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。

     

    ですが、1つ認識しておいていただきたいことは、

    住宅ローンという借金は、

    多額の利息を支払うことになるローンだということです。

     

    長期間で支払うようになること、そして期間が長ければ長いほど、

    雪だるま式にどんどん利息が積み重なっていく

    “複利”で利息が計算されるからです。

     

    貯蓄がたくさんあったり

    親御さんからの資金援助や土地提供があり、

    住宅ローン借入を少なく出来る方であれば、

    支払い年数を圧縮出来たり、借入額を少なくすることで、

    利息の支払いも比較的少なくて済すみますね。

     

    そうすれば、選べる住宅ローンのバリエーションも増えるのですが

    自己資金も少なく(あるいはなく)、

    土地から購入しなければいけないとしたら…?

     

    「家づくり」にかける費用を、

    現実的に考えていく必要があります。

     

    ですが実際は、支払い能力以上の住宅ローン融資を受けたり、

    フラット35を利用すれば、

    年収の10倍近くの融資を受けることが出来たりします💦

     

    ましてや、夫婦共働きである場合、その収入を合算すれば、

    さらなる融資を銀行から引出すことも出来たりします。

     

    もちろん、銀行が大丈夫という範囲でですが。

     

    銀行側から見ると、住宅ローンは、とても手堅い貸し付けです。

     

    家という大切な資産を守るために、

    何にも優先して支払いしてくれる借金だからです。

     

    その他の費用を削ってでも、

    優先して支払いますよね?

     

    それゆえ、少々無理をしてでも、

    出来るだけ希望に近い金額を融資してくれようとします。

     

    また、会社ぐるみでお付き合いがある

    住宅会社からの依頼ともなれば、

    多少厳しい条件だったとしても、

    なんとか融通してくれようとするものだったりします💦

     

    これが住宅ローンの現実です。

     

    35年、420回に分割すると、

    1回1回の支払い単位で見ると、

    そのアップ金額は、

    あまり大したことじゃないように感じてしまうものです。

     

    それぐらいなら、なんとかなると思ってしまい、

    妥協して後悔するぐらいならと、

    後のコトは深く考えず、今のコトを優先しようとしてしまいます。

     

    それして、いとも簡単に、

    自分たちの支払い能力を超える住宅ローンを組んでしまいます。

     

    そして、少しでも目先の返済を少なくしようと、

    選ぶべきじゃない住宅ローンを選んでしまったりします。

     

    ご夫婦2人が、なんの支障もなく働き続けることが出来るうちは、

    この予算オーバーも、

    それほど大きな問題にはならないかもしれません。

     

    しかし、なんらかの事情が起こり、

    もしどちらかが働けない状況になってしまったとしたら?

     

    あるいは、なんとか暮らしていけたとしても、

    暮らしていくだけでいっぱいいっぱいで、

    将来に向けて全く貯蓄していくことが出来ていないとしたら?

     

    怖い話ではありますが、あり得ることです。

     

    だからこそ「家づくり」では、

    まず自分たちに合った資金計画をしっかりと行い、

    その予算の中で、今の状況だけを考えるのではなく、

    将来のことまで考えた上で、

    自分たちが出来る「家づくり」を行っていただければと思います。

     

    そして、自分たちに合った予算で、

    自分たちに合った住宅ローンを組んでいただければと思います。

     

    しっかりとした資金計画を立てることで

    今もこれからも豊かな暮らしを手に入れましょう😊