• お問い合わせ
  • TOP
  • シンボルツリーのある庭

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    外に出て家を見ていると、

    素敵だなーっと思う家を見かける時がありますね。

     

    先日はお引渡しを終えたお家に

    沢山の木🌲が植えられていました🏡

     

    お世話の手間はありますが

    やはり緑があると、とても素敵な印象になります✨

     

    そこで今回は、この「シンボルツリー」について

    ご紹介いたします(o^―^o)

     

    外観をより一層ひきたてる外構

     

     

    シンボルツリーとは、

    家のシンボルとなる樹木のことを言います。

     

    どんな木を庭に植えるかによって

    家の雰囲気はもちろん、

    家の中から庭を眺めた時の見た目も大きく違って来るので、

    自分の家に合ったシンボルツリーを選びたいですね。

     

     

    シンボルツリーに向いている木

     

    シンボルツリーの選び方の一つに、

    「植えた後の育てやすさ」があると思います。

     

    大型の植物の育成が初めての方…

    そもそも植物を育てたことがない方は

    「育て方」がとても心配になりますよね。

     

    そんな方は、常緑樹のシンボルツリーがお勧めです。

     

    常緑樹とは、常に緑色の葉っぱを付けた木のことです。

     

    常緑樹のメリットは2点

    ・常に葉っぱが付いているため、

    さみしくなりがちな冬の庭を彩ってくれること

    ・葉っぱが落ちないため掃き掃除などの手間が不要なこと

     

    人気のシンボルツリー

     

    【シマトネリコ】

    シンボルツリーとして見かけることの多い、シマトネリコ。

    常緑樹でとても丈夫で育てやすく比較的安価で、

    全国どこでも手に入りやすいです。

    ただ成長速度が速く伸びすぎてしまうことも多いので、

    自分で剪定できるように高さを2~3mに抑えるのがお勧めです。

     

    【オリーブ】

    庭木としてすっかり定着したオリーブ。

    ボリュームがあり見た目もオシャレで素敵です。

    オリーブは大きくなると強風が原因で

    枝が折れたり傷んだりしやすいため必ず選定が必要です。

    伸びすぎた枝や細くて弱々しい枝を根元から切り落とします。

    また、混み合っている部分の枝も切り落とします。

    洋風の庭を造る場合に、今はオリーブは必須とも言えますね。

     

     

    【ソヨゴ】

    ソヨゴは美しい緑色の葉が特徴的な常緑樹です。

    乾いたような質感の葉は風に揺れると周囲の葉とこすれ、

    カサカサと独特の葉音を立てます。

    5月~6月に目立たない控え目な白い花が咲きます。

    10月~11月には果実が赤く熟しますが、

    残念ながら果実がつくのは雌株だけで

    近くに雄株がない場合は実がならないこともあります。

     

     

    シンボルツリーはどこに植える?

     

    せっかく植えるシンボルツリーなので、

    よく目につくところに植えたいですよね。

     

    シンボルツリーを植える場所の王道ととしては、

    玄関のアプローチ付近やリビングから見える

    庭に配置してあげるとよく映えます。

     

    また、夜にはシンボルツリーを下から

    ライトアップしてあげるのがポイントです。

     

    ちょっとオシャレなお店の庭のような雰囲気に🏡

     

    外構工事にはまとまった予算が必要となりますが、

    シンボルツリーだったら予算を抑えながらも

    家の見栄えがよくなるので取り入れて

    みてはいかかでしょうか😊