• お問い合わせ
  • TOP
  • 土地を購入するときの手順 ①

    こんにちは、広報の松尾です。

     

    今日は、土地購入についてです(o^―^o)

     

     

    (※購入する土地が宅地であることを前提とします。)

     

     

     

    住宅を建築できる条件を知っておこう

     

    都市計画区域内の敷地では、建築基準法で認められた道路に

    2m以上接していなければ建物を建築することができません。

     

    これが「接道義務」といわれるものです。

     

    そして建築基準法が定める道路は原則として幅員4m以上で、

    これに足りない場合は「敷地のセットバック」が必要になります。

     

    敷地が狭いうえにセットバックが必要になってしまうと、

    建築計画に大きな影響がある場合がありますので、ご注意ください。

     

     

    建ぺい率と容積率を知っておこう

     

    敷地面積に対して、どれくらいの大きさの家を建ててよいか、

    という規定もあります。

     

    その上限を定めているのが、建ぺい率と容積率です。

     

    ◆ 建ぺい率

    建築面積の敷地面積に対する割合

    「建坪(たてつぼ)」などともいわれます。

     

    用途地域との組み合わせで30%から80%に定められていますが、

    角地の場合の緩和、防火地域内での耐火建築物に対する緩和などがあり、

    実質的に「制限なし」とされる場合もあります。

     

    ここでいう「建築面積」とは、建物を真上からみたときの投影面積です。

     

    ◆ 容積率

    延床面積の敷地面積に対する割合

     

    容積率200%なら、50坪の敷地に延べ100坪までの建物を建てられます。

     

    建ぺい率と同様に、用途地域との組み合わせによって

    50%から1300%の間で定められています。

     

    道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、高度地区による制限などにより、

    容積率のすべてを使うことができない場合も少なくありません。