• お問い合わせ
  • TOP
  • メンテナンス ~床~

     

    こんにちは、広報の西川です(^^)/

    今日は昨日の続きで「メンテナンス」についてです🙌

     

     


     

     

    普段から、最もよく掃除をするのが『床』ですね。

     

    今はいろいろな掃除道具があって

    『時短』も重要なポイントかもしれません。

     

    ですが、材質によって少し気を付けておきたい点も…。

     

     

    ① 畳

     

    まず大切なのが、換気です!

     

    畳みは湿気に弱いため、天気の良い日などは窓を開けて

    換気をするようにしましょう。

     

    もしくは、畳を上げて

    床と畳の間に箱などを挟んで喚起するのも◎

     

    あとは、畳の目に沿って『ほうき』で

    埃を取り除き雑巾で乾拭きします。

     

    『ほうき』がない!という場合は

    掃除機を畳に押し付けないようにして

    かけるようにしましょう。

     

    畳み全体が汚れているときは、酢水で雑巾を固く絞り

    さっと拭くと良いそうです。

    (終わったら、十分乾拭きしてください。)

     

    水拭きは寿命を縮める原因になるので止めましょう💦

     


     

     

    ② フローリング(無垢材)

     

    無垢のフローリングといえば、経年変化が楽しめるものです。

     

    日々のメンテナンスも大切にしたいところですが

    表面の塗装や樹種でお手入れ方法が変わります。

     

    ただし、無垢フローリングは基本的に水気を嫌いますので

    日頃のお手入れは乾拭きをするとよいでしょう👌

     

    水分をこぼしてしまった場合は

    素早く乾いた布でふき取る事も大切です。

     

    ますは、ホウキ・フロアワイパー(ドライ)・乾拭き雑巾

    などで表面の埃を取り除きます。

     

    汚れが残った部分は掃除機を使い

    特に汚れている箇所は、固く絞った雑巾で拭きとります。

     

    ウェットタイプのフロアワイパーやメラミンスポンジなどは

    使用しないでください!

     

     


     

     

    ③ カーペット

     

    掃除機は毛並みと逆側からかけます。

     

    そうする事で、根元の埃やごみをとることができます。

     

    糸くずや髪の毛などは、市販の粘着ローラーや

    洋服用のブラシ、目の粗い櫛などをつかいます。

     

    何かの拍子にシミをつけてしまったら・・・

    内部にしみこむ前に素早く取るようにしましょう!

     

    固く絞った雑巾で、汚れの外側から内側にむけて叩きます。

     

    洗剤などを使う時は特に、汚れを落としたい場所の

    裏側にも乾いた布を敷いておくようにしましょう。

     

    この時に間違ってこすってしまうと

    逆に汚れが広がってまうので注意してください💦

     

    最後に、カーペットには皮脂や脂などが付着しているので

    拭き掃除もしておくと、より清潔に使用できます。

     

    衣料用の中性洗剤か、重曹が良い様です🤗

     

    これらを、カーペットに吹きかけタオルで拭きとります。

     

    また、カーペットはダニが発生しやすいので

    2~3年に1度はクリーニングしましょう。