• お問い合わせ
  • TOP
  • 外構費用を抑えるには?

     

    こんにちは、広報の西川です!(^^)!

     

    家を考えていると・・・

     

    「少しぐらいは庭が欲しいなぁ」

     

    と思う方も多いのではないでしょうか?

     

    小さなお子さんがいらっしゃるご家庭

    ガーデニングが趣味な方

    将来家庭菜園をしてみたいという方

     

    では、外構工事にはどれくらいの費用が

    掛かるのでしょうか?

     

    外構工事とは、家の〝庭〟をつくるための工事なのですが

    思っているよりも遥かに費用がかかるのが工事です。

     

    例えば・・・

     

    「この家、庭すごいキレイにしてるなー」

    「この家の庭、すごく立派だなー」

     

    そう感じるお家があったとしたら、おそらく庭の工事に

    300万~400万程度の費用がかかっていることでしょう💦

     

    また、それなりに見栄えのする庭にしようと思えば

    150万円以上、出来れば250万円ぐらいは

    予算を確保しておく必要があるのが、この外構工事費用です。

     

    それゆえ、最後に行うこの外構工事で

    予算がなくなってしまって困らないように

    最初の資金計画でしっかり予算を確保しておくか

    あるいは大がかりな外構工事をしなくていいような

    「家づくり」の計画を立てるかの

    いずれかの選択をする必要があります。

     

    では、外構工事費用が予算内でおさまるような

    「家づくり」を実現させるポイントは・・?

     

    それは2つのポイントによって実現可能となります😳👏

     

     

     


     

     

    余分な外構工事が必要ない家を建てる

     

    例えば、外部に向かって大きな窓をたくさんつくっている家の場合

     

    外から家の中が丸見えになる・・

    窓を見ただけで間取りがほぼ100%わかってしまう・・

    外に向かって大きな窓が多いため防犯性が怖い・・

    庭が出来てないと、家の外観がキレイにならない・・

     

    といった理由から外構工事によって

    これらをすべてカバーしなければいけなくなってしまいます。

     

    他人に敷地に入ってこられないようにと、

    隣との境界に必ずつくるようになる塀。

     

    見た目にこだわって木目調のフェンスなどにすると

    どうしても高額になってしまいます💦

     

    大きな窓を外部の目線から少しでも隠そうと思い

    景観に加えて目隠しも兼ねて植える木🌲

     

    せっかく夢をもってつくったウッドデッキも

     

    「丸見えでは使えない!」

     

    とそのデッキに目隠し塀をつくろうものなら、

    ウッドデッキがもう1つつくれるぐらいの

    高額なコストがかかってきてしまいます。

     

    せっかくつくったウッドデッキが全く使えなくなるか?

    あるいは、さらなる出費をしてまで目隠しをして

    そのウッドデッキを使えるようにするか?

     

    苦しい選択ではないでしょうか?

     

    家を惹き立てるためにつくる門やアプローチなども

    決して安いコストで出来上がるものではありません。

     

    また、エアコンの室外機やエコキュートの本体と室外機といった

    家の外観を乱す部材が家の正面に出来てしまった場合や、

    家の外観がそれほど美しく仕上がらなかった場合などは

    こういった工事をすることで少しでも家を美しく

    見せる工夫をしなければいけなくなってしまいます。

     

     

     


     

     

     

    土地に余白をつくらないようにする

     

    そしてもう1つのポイントが

    土地に無駄な余白をつくらないようにすることです。

     

    そのためには、まず無駄に広い土地を

    買わないようにしなければいけません。

     

    例えば、もしあなたが4人家族で

    ゆったりと暮らせる平屋が建てたいとお考えであれば

    その敷地は50坪~60坪もあれば充分です。

     

    ですが、多くの方が

    平屋となると80坪~120坪ぐらいの広さがないと

    建てられないと思い込んでしまっており

    無駄に広い土地を買おうとしてしまいます。

     

    ですから、まずは自分が建てたいと思っている家にとって

    必要な土地の広さを知ることから

    始めるようにしなければいけません。

     

    そして、次に無駄な余白が残らないように

    建物を配置するようにします。

     

    例えば、50坪の土地であれば・・・

     

    たいてい1階で最大30坪までつくることが

    出来るのですが多くの場合土地に沢山の余白を残した状態で

    家の間取りを提案しようとします。

     

    というのも、1階の面積が大きくなれば

    それに伴ってコストが割高になってしまうので

    出来るだけ1階を小さくし2階を大きくしようとするからです。

     

    ですが、そのような提案をしてしまうと

    一見、庭が広々とつくれるよな気がして嬉しくなりますが

    その余白にも外構工事のコストが上積みされてくるし

    草抜きの手間や、落ち葉の掃除や、木の剪定といった

    手間もこれから先ずっとかかってきてしまうことになります。

     

    であれば、1階を出来るだけ大きくして

    庭の工事費用がカット出来れば

    庭の維持管理の手間もカットできるようになるので、

    長い目で見ればメリットが大きいはずです。

     

    ただ1階が大きくなればなるほど

    それに伴ってコストが割高になっていくので

    コストが上がらないように工夫する必要はあります💦

     

    この2つの要素を兼ねることが出来れば

    外構工事の予算を大幅に圧縮することが出来ます!

     

    また、それだけじゃなく

    土地購入予算も大幅に圧縮することが出来ますね✨

     

    そして結果的に

    「家づくり」の総コストを圧縮することができます!

     

    土地にも家にも庭にも多額のコストを使うのか?

     

    土地・家・庭のすべてのコストを最大限に圧縮して

    その浮いたお金を趣味や、旅行、思い出づくり

    子供の教育資金、やがて迎える老後資金などに

    充てるようにするか?

     

    さて、どっちを選びますか?🤔