• お問い合わせ
  • TOP
  • 登記とは?①

     

    こんにちは、広報の西川です(^^)/

     

    家を建てる際に「登記」というものが出てきます。

    今日はこの登記についてご紹介したいと思います✨

     

    そもそも登記とは何のことで

    なぜ新築をするときに登記が必要なのでしょうか?

     

    登記とは・・

    「この土地や建物は私のものだ。」

    と公的に認めてもらうために行う手続きのことです。

     


     

     

    〇購入した土地や新築した家の登記をしないとどうなるのか?

    登記には、表示に関する登記と権利に関する登記があります。

     

    そのうち表示に関する登記は所得してから1か月以内に

    登記をしないと10万円以下の過料(罰金の類)と法律で決まっています。

     

    そして登記をしないと

    固定資産税を納めていても自分のものだと主張できません。

     

    ある日きなり所有者を名乗る人が現れて退去を

    求められる、なんてことも可能性としてはあり得るのです。

     

     

    〇住宅ローンを利用する場合は登記は必須

    住宅ローンを利用する場合、土地や建物に抵当権という権利を

    登記しなければなりません。

     

    これは、あなたが住宅ローンを支払えなくなった場合

    銀行が住宅ローンの代わりに土地と家をもらえる権利です。

     

    住宅ローンを利用しない場合は

    登記をしなければ登録免許税という税金を

    節約できますが過料というデメリットもあります。

     

    なので、新築時には登記は

    必ずするものだと思っておいて間違いないでしょう。

     

     

    〇新築時に必要になる登記種類

     

    ・建物表題登記

    新築した建物はまだ登記簿には登録されておらず

    書類上は存在していない建物です。

     

    この状態から新築した建物の所在地や家屋番号、

    建物の種類や構造、床面積、所有者を登録するのが

    建物表題登記です。

     

    ・所有権保存登記

    建物費用第登記にも所有者は書かれていますが、

    所有権保存登記をすることで

    初めてその物件の所有者だと公的に認められます。

     

    所有権保存登記をすることで

    その建物を売ったり相続したり住宅ローンを借りたときに行う

    抵当権の認定登記が可能になります。

     

    逆に所有権保存登記をしなければ

    その建物の売却も相続もできません。

     

    この登記は任意ですが、上記のようなことがあるので

    登記をするものだと思っておいてください。

     

     

    ・抵当権設定登記

    これは、ローンを利用する場合に必要な登記です。

    万が一住宅ローンの支払いが不能になった場合…

    銀行が住宅ローンの代わりに土地と建物を

    もらえるという登記になります。

     

    ほとんどの場合で住宅ローンを利用する場合は

    その銀行や金融機関

    住宅金融支援機構の第一位の抵当権を設定する必要があります。

     

    そのため、土地の住宅ローンはA銀行

    建物はB銀行ということはできません。

     

    ・所有権移転登記

    土地を買ったらその所有権を移す必要があります。

    これを所有権移転登記といいます。