• お問い合わせ
  • TOP
  • 家の形①

     

    こんにちは、広報の西川です(^^)/

     

    家と言われると、どんな形の家を思い浮かべますか?

    「家づくり」には何かと予算がついて回ります。

     

    一般的には家の形で価格に違いがあるのをご存じですか?

     

    今回は家の形の違いでどんなメリットがあるのか、

    または価格の違いがあるのかをお話します(`・ω・´)

     

     

    住宅の価格や仕様は住宅会社によって異なりますが

    一般的には家の形により価格になかりの幅がうまれます。

     

    まずは、一番「お金のかからない」家の形です。

     

     

     


     

     

     

    〇四角い形をした総2階の家

    「家づくり」の中で一番お金がかからない家の形は

    四角い形をした総2階の家です。

     

    非常にシンプルな形をしているため、

    材料に無駄がなく建物にかかるお金を抑える事が

    できます。

     

    総2階の家とは、2階建ての建物で2階の面積が

    1階と同等、もしくはほとんど同じ家のことを指します。

     

    総2階建ての家は、ほかの形の建物と比べて価格が安い。

     

    やはり総2階建ての一番のメリットは価格が安いことです😋

     

    家の形に特にこだわりがなく、

    価格を抑えた家づくりをされたい方は

    迷わず総2階建ての建物を選ぶと良いでしょう🏡✨

     

    また、建てた後に生じる将来の外部メンテナンスに

    かかる費用も少なくて済みます。

     

    つまり総2階建ての建物は経済的に優れた建物だと

    いう事を意味します😊

     

    総2階建ての家は、地震など耐久性に優れている。

     

    一般的に建物は真上からの重さに対しては

    柱で支えることが出来るので優れていますが、

    横からの力には非常に弱い傾向があります💦

     

    その点、総2階建ての家は

    建物の横からくる力が上の階と下の階

    同じ場所にあるため、地震時の横揺れや

    台風の時の横からの強風に強い形の建物となります。

     

    ただし必ずしも耐震性がいいわけではなく

    もちろんその他の要素も大きく関わってきます。

     

    例えば外壁の凹凸が多くなるほど耐震性に弱くなり、

    また経済性も落ちてしまいます。

     

    太陽光パネルを設置しやすく、機能性を高めやすい。

     

    総二階建ての建物では、

    屋根を有効に活用することができます。

     

    屋根などにのせる太陽光パネルを使用するときに

    最大限のまりっとを発揮します。

     

    また壁面に凹凸がなく死角が少ないため

    防犯上も優れた建物を言えるほか、

    屋根の形も単純な形となるため他の建物と

    比べて雨漏りの原因が減ります。

     

    熱損失が少ない

     

    総2階建ての建物は建物の凹凸が少ない分

    屋根や壁の面積が少なくなります。

     

    一般的に建物は凹凸が多いほど

    外部の熱環境の影響を受けやすく断熱性が低下します。

     

    総2階建ての建物は建物の構造上、

    熱損失を最小限に抑えられるため、

    その分の熱損失が少なくなります。