• お問い合わせ
  • TOP
  • 外構工事は計画が大切!

     

    こんにちは、広報の西川です(`・ω・´)

     

     

     

     

    新築で家を建てる際に

    内装やインテリアには力を入れるものの

    外構工事に関しては忘れがちです。

     

    「まだいいや」

    と思っているうちに、家が完成していた・・

    なんてことにも😓

     

    外構は家の洋服だと言われています。

     

    見た目にはもちろんですが

    機能面としても重要です。

     

    例えば・・

    外構が完成していないと

    家の周りの水はけが悪くなり

    水溜ができてしまいます。

     

    水はけが悪い家の周りはジメジメとしてしまうため

    カビやシロアリの被害を受ける可能性が高くなります💦

     

    これでは家が悪くなる原因にもなってしまいますね。

    そこで外構工事の計画を早めに立てておくことが大切です。

     

    〇外構は建物と同じデザインで

    最初に記載した通り、外構に関することは

    忘れてしまいがちです。

     

    その結果、

    「建物にお金をかけすぎてしまい

    もう、資金が残っていない!」

     

    なんてことも💦

     

    予算がなくなれば、当然グレードを

    落とす必要があります。

     

    一方で、外構工事に予算を充てることが出来れば

    外構による機能を最大限に発揮することが出来ます。

     

    例えば、駐車場をコンクリートにする工事を行う場合、

    養成期間(設計通りの強度を生み出すための期間)を

    一週間以上取らなければなりません。

     

    住宅の引き渡し前に外構工事を行っておけば、

    建物に住むと同時に駐車場を使用することができます。

     

    また、リビングの前にウッドデッキを設けておくことで、

    外でバーベキューやランチを楽しむこともできます。

     

    ただし、これらを設ける前に建物と外構のデザインを

    統一させたプランを考える必要があります。

     

    例えば、和風住宅に駐車場をコンクリートにしたり

    ウッドデッキを設けると

    ちぐはぐなお家になってしまいます。

     

     

    そこで、外構工事の計画を早めに行うことで

    建物にマッチした外構を決めることが可能です。

     

    さらに、引き渡し前に外構は完成します。

     

    新築け役するのと同時に外構工事のプランを

    考えることができれば予算がなくなる心配もなくなります。

     

    また、新築で建てる際に外構工事を先に行っていないと、

    建物だけでなく道路まで汚してしまう可能性があります。

     

    例えば、家の周りが工事できていないと、

    雨がふるたびに地面がぬかるみ、敷地に湿気がこもります。

     

    建物への出入りの際に靴がドロドロに‥

     

    さらには道路も

    ドロドロになり乾いたら砂埃として舞ってしまいます。

     

    また、ガスや水道管などの工事を行った場所は一度掘削して

    いるため、雨が降るとその部分はぬかるんでしまいます。

     

    もしその上に車が乗りあげたりするとガス管の破裂や

    水道管の漏水、配水管が破裂する可能性があります。

     

    これらのことを考慮すると、引き渡し前に

    最低限の外構工事を行っておく必要があります。

     

    ただ、新築工事同様に外構工事値段が高額です。

     

    上手に計画を立てなければ、満足のいく外観を

    手に入れることはできません。

     

    外構工事の計画を後回しにせず、

    新築工事と同時期に積極的に工事内容を決めて予算を確保してください。