• お問い合わせ
  • TOP
  • 工事請負契約時に確認する書類は何?③

     

    こんにちは、広報の西川です(/・ω・)/

    今日は昨日の続きからです!

     

     

     

    契約書にサインする前にチェックする書類、

    今回は最後に見積書・設計図についてあげていきます。

     

    (前回の続き)

     

    その⒊見積り書について

    見積書は、工事項目・形状寸法・数量・単価などが

    細かく記載されています。

     

    より詳細に見積もってもらうと

    追加変更の場合にもそれぞれの金額が明瞭なので

    トラブルになりにくいでしょう😊

     

     

    その⒋設計図・仕様書について

    契約図面として工事請負契約書に添付される図面は

    実施設計図で、ここで表しきれなかったものは

    仕様書に記載されています。

     

    設計図や仕様書は見積りの明細と食い違いがないか、

    しっかり確認しておきましょう。

     

    ⇒設計図の記載内容は?

    設計図は、大きく3つ目的のために作成されます。

     

    ①発注者と請負者の相違がないようにするため。

    ②建築確認の申請に必要だから。

    ③工事現場に工事内容を伝えるため。

     

    その内容は、15~30項目にわたり

    細かく記載されています。

     

    一例をあげてみます。

     

    1敷地調査報告書

    2特記仕様書

    3設計概要書

    4仕上表

    5配置図

    6平面図

    7屋根伏図

    8立面図

    9断面図

    10矩計図

    11平面詳細図

    12展開図

    13天井伏図

    14建具リスト

    15階段詳細図

    16部分詳細図

    17家具図

    18地盤調査報告書

    19基礎伏図

    20.1階床伏図(土台伏図)

    21各階床伏図

    22小屋伏図

    23軸組図

    24基礎詳細図

    25構造基準図

    26金物位置図

    27金物リスト

    28壁量計算書

    29構造計算書

    30外部給排水設備図

    31設備位置図

    32照明器具リスト

    33電気配線図

    34給排水設備配管図

    35住設器図

    36外構図

     

    見積書と照らし合わせてチェックするのは

    大変ですが、一生に一度の大きな買い物です。

     

    しっかりチェックしていきましょう💪