• お問い合わせ
  • TOP
  • 新築住宅の種類について

     

    こんにちは、広報の西川です(`・ω・´)

     

    新築住宅を購入する場合…

    住宅には大きく分けて2つの種類があます。

     

    「建売住宅」と「注文住宅」のですね😊

     

    今回は、このふたつについてのご紹介です!

     

    自分にとってどちらの建物が適しているのかを

    確認してみてください(o^―^o)

     

     


     

    1.建売住宅

     

    建売住宅とは、モデルルームや完成している建物を見学して

    気に入った物件に申し込み、契約後に引き渡しを受けることです。

     

    ・建売住宅のメリット

    〇 住宅の間取りや設備などが決められているため、購入価格は明確

    〇 完成しているので実物もチェックできる

    〇 建物と一緒に土地もセットで購入できるため

    〇 出来上がっている建物を購入するため、短期間で入居できる

     

    マイホームを買う時に「できるだけ手間・時間をかけずに、価格も抑えたい」

    と考えている人にお勧めです。

     

    ・建売住宅のデメリット

    〇 ライフスタイルを家に合わせる必要がある

    〇 同じ分譲地内で同じような外観の家が並ぶかも…

    〇 構造や壁の内部などを確認することはできない

     

     

    2.注文住宅

     

    注文住宅とは、建築士やハウスメーカーなどに設計を依頼し

    施工会社に建築してもらう家のことです。

     

    設計士と施工を同じ会社にまとめて依頼する方法もあれば、

    設計と施工管理を建築事務所に委託して、

    実際の施工は地元の工務店などに発注する手法もあります。

     

    ・注文住宅のメリット

    〇 自由に企画・設計ができる

    (大手のハウスメーカーの場合…

    建物のデザインや構造がパターン化されているため、

    同じような見栄えになってしまうことも)

    〇 施工の過程を細かくチェックできる

     

    ・注文住宅のデメリット

    〇 仕上がりのイメージがしづらい

    〇 土地の購入と注文住宅の建築を同時に進めなければいけない
     

     

    以上のことを踏まえて、検討してみてください😊